モータースポーツが手軽に楽しめるコンパクトカー『ヴィッツ』の総合情報ファンサイト
Vitz fan

NCP13のバックライト(リアテール)を追加点灯

普通は端しか光らないんですが、視認性に欠けます。
ヴィッツRSのブレーキランプを追加点灯しました。

ncp13のリアテールに電球を入れて増灯

昼間の写真ですが、左側にライトが点灯していることがわかります。。

あいている部分に電球足すだけ

リアテールの裏面にはカバーがあり、
おそらく、RSにはリアバンパーにリアフォグが内蔵されているのですが、
ノーマルには内蔵されておらず、ノーマルはここがリアフォグになるようですね。
ですからRSは光らないのに穴だけ開いているという形になっていました。

そこにバックライトの配線を分線させて玉をつけるだけで終わりです。

本当は、リアフォグにして後期リアバンパーつけたいですね

初代ヴィッツの後期のリアバンパーは前期と違う

初代ncp13 リアバンパー 後期 RSヴィッツの後期のリアバンパーは、前期のリアバンパーとは違うんです。

見比べてみると、後期のほうが断然かっこいい。
初代前期はリアフォグが横向きなのに対し、初代後期はバックランプが縦向き
最近のトヨタはライトが縦向きが主流なのでこちらのほうが新しくかっこよく見えます。

ですが、後期のリアバンパーは希少で中古でも35000円近くしますし、
ナンバープレートの封切が陸運局で必要なので非常に面倒な交換作業になります。
本当の初代ヴィッツRS乗りならばぜひ挑戦したいところです。

ヴィッツRS NCP13にぴったりの後期バンパーはアマゾンにあります

ncp13 リアバンパー 後期 RS

↑これです。値段は34000円ぐらいと高めですが、初代ヴィッツを本当にかっこよく乗るにはぜひ取り付けたいところです。H260504new

ヴィッツ一言日記過去ログ



年収300万で幸せ生活@自転車アトレーワゴン遅いニュース嫁まずブログ
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved