モータースポーツが手軽に楽しめるコンパクトカー『ヴィッツ』の総合情報ファンサイト
Vitz fan

ヴィッツチャレンジに出場するには?

市販車を購入し、シリーズ規則、車両規則に沿った車両を製作すれば誰でも出場できます。

クラスわけは、クラス1 1500cc(NCP91)クラス、クラス2 1000cc(SCP10)オープンクラス、クラス3 1000cc(SCP10)チャレンジクラス となっています。日本で、しかもヴィッツだけのワンメイクラリーを味わえるのはこのヴィッツチャレンジしかありません!

使用義務づけ用品、使用可能部品などのパーツ一覧もありますのでぜひご覧ください。型番等指定ありますので注意して下さい。

ラリーを手軽に始められる環境を整えるには費用はかかりますが、ヴィッツラリーならすごく抑えられると思います。WRCやJRCをみて自分でもラリーに参加したいと思う人にはお勧めです。

ヴィッツチャレンジドライバー有志によるサイトあり!

公式ページよりも詳しい!!

オフィシャル情報や、レポートヴィッツチャレンジに出る方法、各シリーズのレポートや車載カメラなど情報が充実しています。

ヴィッツラリーに興味がある方はぜひみてください。
http://www.vitzchallenge.net/

詳しい内容は、公式ページをご覧ください!

公式サイトでは、これからライセンスを取ってラリーをはじめたい方に向けてのB級ライセンス講習会もやっています!

シーズンのレポートも充実していて、雰囲気抜群です。

ヴィッツワンメイクラリーVitzchallenge公式ページはこちらから!

レンタル車両があります。

一回だけ参加したい、学生で参加したい!という方向けにレンタルするだけで出場できる車も用意されています。初心者や、今後ラリーをしたいけれど、まだ車を準備できない。など垣根を下げた展開をしているのもこのヴィッツチャレンジの特徴ですね。
B級ライセンスがあれば、出場できます。車の競技というのはお金がおおくかかるのは致し方ないことです。



年収300万で幸せ生活@自転車アトレーワゴン遅いニュース嫁まずブログ
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved