モータースポーツが手軽に楽しめるコンパクトカー『ヴィッツ』の総合情報ファンサイト
Vitz fan

3代目マイチェン後ハイブリッドヴィッツ基本情報

現行車種:3代目マイナーチェンジ、ハイブリッドヴィッツ登場
3代目マイナーチェンジ後ヴィッツ
前期ヴィッツ | 後期ヴィッツ | 2代目ヴィッツ  |  3代目ヴィッツ
気になる!?2017年ヴィッツWRCのスペック情報

ハイブリッド車になったヴィッツはネッツ店で見積もりが始まってます。 大きく分けて、1.0Lガソリンモデルと、1.3Lガソリンモデル、そして1.5Lハイブリッドの三種類が用意されるマイチェンヴィッツ。 気になるHVの燃費は、アクアの37.0km/Lより僅かに劣る34.4km/L。

型番は?
ハイブリッド車はNHP130
ガソリン車はNSP130-KSP130
ガソリン車は現行車種:3代目マイナーチェンジ後ヴィッツ参照

アクア新車実売価格160万円よりが選ぶ価値あるか?

事前情報ではリッター40kmいくということだったが行かなかった。
事前情報と同じハイブリッドの値段は180万〜。
さらに、フルモデルチェンジではなくマイナーチェンジ。
これからWRCに出るというのにRSとマニュアルシフトは廃止
約2年後のフルモデルチェンジが待っているが。
なのでレースカーのベース車両には使えなくなった。
後ろ姿がかなりかっこよくなった。
バックドアのフィニッシャーまでテールランプが光るのはかなりカッコいい

なんといってもハイブリッド+衝突被害軽減!

価格は200万円になるが、
なんといっても1500ccエンジン74馬力(トルク重視すぎるため馬力は低い)+61馬力のモーターが魅力。
さらにコンパクトカー憧れであるEVモード搭載。電気だけで静かに走れる
ハイブリッド車の1500ccエンジンはマイチェン前の1.5リッターモデルと同じです。
アクアと同じエンジンですね。
このコンパクトボディーに、エンジンとモーターは非常に力強い物で、ヨーロッパでもさぞ人気のことでしょう。

衝突被害軽減の最新装備も搭載。
RSとマニュアル廃止なのでRS一択なら、次回のモデルチェンジを待つしかないです。

3代目マイチェン後ヴィッツの諸元表

車種 ハイブリッドモデル 1.3Lガソリンモデル
全長×全幅×全高(mm) 3,945×1695×1500 3930×1695×1500
ホイルベース/トレッド 前後(mm) 2510/1475-1460 2510/1460-1445
車両重量 1100 1030
最小回転半径 4.7 5.6
エンジン形式 1NZ-FXE直列4気筒DOHC 1NR-FKE[1NR-FE]
直列4気筒DOHC
排気量/ボア×ストローク 1496/75.0×84.7 1329/75.0×84.7
圧縮比 13.4 13.5
燃料供給方式 EFI
最高出力 kW(ps)/rpm 54(74)/4,800 73(99)/6,000
最大トルク N-m(kg-m)/rpm 111(11.3)/3,600?4,400 121(12.3)/4,400
燃料/タンク容量(l) 36(燃料タンク小さい)  
10.15モード燃費 34.4km/L 25.0km/L
変速機形式 CVT CVT
サスペンション形式 前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ形式 前/後 Vディスク/ドラム Vディスク/ドラム
タイヤサイズ    
価格・定価 181万円〜 118万円〜
モーター最高出力kW(PS)
最大トルクN・m(kgf・m)
45(61PS)
169(17.2)
 


年収300万で幸せ生活@自転車アトレーワゴン遅いニュース嫁まずブログ
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved