モータースポーツが手軽に楽しめるコンパクトカー『ヴィッツ』の総合情報ファンサイト
Vitz fan

後期ヴィッツ基本情報

現行車種:3代目マイナーチェンジ、ハイブリッドヴィッツ登場
現行車種:3代目マイナーチェンジ後ヴィッツ
前期ヴィッツ | 後期ヴィッツ | 2代目ヴィッツ | 3代目ヴィッツ
気になる!?2017年ヴィッツWRCのスペック情報

涙目が印象の後期ビッツ後期は一般的に涙目ヴィッツと呼ばれていて、見た目にはヘッドライトが変わった程度という印象です。外見的には大きな変化が無いものの、中身はビッグマイチェンが施されています。注目は新開発の1.3L直4DOHCの2SZ-FEにスーパーCVTが組み合わされたパフォーマンスと燃費向上です。

全席ベンチシート、インテリアもグレードアップし、内装色にもダークグレーのツートンカラーを採用するなど質感を向上させている。アイボリーとダークチャコールのあわせがヨーロッパの感じを出していてかっこいい。

静粛性も大幅に満足するレベルになっており、高速クルーズも以前よりも静かな印象になっている。

搭載されるエンジンは初期ビッツの1SZ-FEに対して17馬力増しになる2SZ-FEを搭載。その向上ぶりはハーフスロットルでアクセルを踏み込んだ際にもわかるほど出足が軽快で、力強い走りを見せてくれる。

初期とデザインがあまり変わらないために見た目を求める人にとっては値段の安い初期RSでもいい感じはするが、燃費を求めるならこちらを選びたい。(ヘッドライトの黄ばみもないしね)

後期はスーパーCVTにより 燃費23.5km/l に大幅アップ

加速とエンジンの上昇がリジッドにリンクするように電動スロットルをフルに活用したものです。

CVTだけの向上ではなく、他にもパワステの電動化、LEDリアランプ、減速時の回生発電、エアコンの可変コンプレッサー、CVTウォーマーなどにより、従来の前期ヴィッツよりも12〜13%燃費を向上させています。

後期VITZの諸元表

車種 U(2WD CVT) RS (1.5L3ドア・AT)
全長×全幅×全高(mm) 3640×1660×1500 3660×1660×1485
ホイルベース/トレッド 前後(mm) 2370/1450-1430 2370/1445-1420
車両重量 970 960
最小回転半径 4.3 5.3
エンジン形式 2SZ-FE/直4DOHC 1NZ-FE/直4DOHC
排気量/ボア×ストローク 1296/72.0×79.6 1496/75.0×84.7
圧縮比 11.0 10.5
燃料供給方式 EFI
最高出力 kW(ps)/rpm 64(87)/6000 80(109)/6000
最大トルク N-m(kg-m)/rpm 116(11.8)/4000 141(14.4)/4200
燃料/タンク容量(l) レギュラー/40 レギュラー/45
10.15モード燃費 23.5km 15.2km
変速機形式 スーパーCVT 4AT
サスペンション形式 前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ形式 前/後 Vディスク/ドラム Vディスク/ドラム
タイヤサイズ 155/80R13 185/55R15
価格・定価 114.5万円 138.3万円



年収300万で幸せ生活@自転車アトレーワゴン遅いニュース嫁まずブログ
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved