モータースポーツが手軽に楽しめるコンパクトカー『ヴィッツ』の総合情報ファンサイト
Vitz fan

前期ヴィッツ基本情報

現行車種:3代目マイナーチェンジ、ハイブリッドヴィッツ登場
現行車種:3代目マイナーチェンジ後ヴィッツ
前期ヴィッツ | 後期ヴィッツ | 2代目ヴィッツ | 3代目ヴィッツ
気になる!?2017年ヴィッツWRCのスペック情報

前期ビッツ前期ヴィッツは初代ヴィッツのことです。
トヨタがヨーロッパで販売網を広げるために作ったコンパクトハッチバックカーです。

新時代のコンパクトカーブームを作った車です。
ニューベーシックコンセプトと銘打ったヴィッツは、 プラットフォームからミッションに至るまですべてを新設計したトヨタ渾身の一作で、欧州戦略車を意識したデザインです。

ボディデザイン、内装などはギリシャ人デザイナー ソリティス・コヴォス氏が行っています。現アウディ レクサスのデザイン原案などもしている人です。

背の高いデザインに内包された居住空間は、大人が快適に乗れる広さ。リアシートは前後150mmスライドを採用したほか、6:4分割やダブルフォールディング機構も備え高い実用性を確保しています。
発売当初のエンジンは1Lのみ、ボディは3ドアと5ドアを設定。

またチューンドサス(海外販売でのyarisの専用さすを使った)などの専用装備を採用したユーロスポーツエディションも用意しています。

テレビ番組カーグラフィックでもヴィッツ前期は高い評価

スターレットの後継車で、欧州などでも生産・販売される世界戦略 車ヴィッツ。日産・マーチ、ホンダ・フィットとともに、日本のコ ンパクトカー御三家といわれる。1.5L 4気筒DOHC16バルブ1NZ-FE型(110ps)を搭載し たスポーツグレードRS1.5

前期ヴィッツについてもう少し詳しく

NCP10、13、SCP10 2ドア、4ドアのラインナップで生産されており、欧州などでも生産・販売される世界戦略車という一面もあります。

現在では、NCP10なら10万円程度で中古車で売られていますが、かなり長持ちする車なので乗っている方は多いです 1000cc1300cc1500ccとラインナップが豊富

2001年の時点でアイドリングストップ装置が搭載されたVITZも発売されている。月販売台数10000台を誇る人気車であった。CMでは宮沢りえヴィッツ愛しちゃったで有名私の愛車は、2000年発売の1.5L 4気筒DOHC16バルブ1NZ-FE型(110ps)を搭載したRSモデルです。

前期VITZの諸元表

製造期間 1998年 ? 2005年
デザイナー ソティリス・コヴォス
EPOC(現・EDスクエア)
乗車定員 5人
ボディタイプ 3/5ドア ハッチバック
エンジン 直4 1.5L/1.3/1.0Lガソリン
変速機 CVT / 4速AT / 5速MT
駆動方式 4WD / FF
サスペンション 前: ストラット式
後:トーションビーム式
全長 3,610mm - 3,660mm
全幅 1,660mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,370mm
車両重量 810kg - 970kg
データモデル 1.0U FF 4速AT(前期型)



年収300万で幸せ生活@自転車アトレーワゴン遅いニュース嫁まずブログ
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved