モータースポーツが手軽に楽しめるコンパクトカー『ヴィッツ』の総合情報ファンサイト
Vitz fan

ヴィッツMTがエンストしやすい理由

ヴィッツはトルクがある低回転のエンジンなのでアイドリングも低回転。
ヴィッツのアイドリングは550回転。(マニュアルミッションの場合)
アトレーワゴンは1000回転。

77777のメーター。vitzアイドリング550rpm

エンストしやすい理由はアイドリングが低回転だから

普通は700回転ぐらいらしい。
ヴィッツMTがエンストしやすい理由は、そのアイドリング550回転の低さ。
アイドリングが低すぎるからミッション繋いだ時、交差点などでハンドルを限界まできってからの発進時などエンストしやすい。

でも、ヴィッツRSのMTに長年乗っていると、普通の車や軽自動車のアイドリングの高さには違和感を覚えてしまう。やっぱり無駄にエンジンが高回転でガソリン食うより、低回転なほうが安心できる気がしなくもないのです。

ちなみに、77777kmの記念の写真です。
アイドリングはぴったり550rpm。低い音です。これぐらいが落ち着きます。

ヴィッツ一言日記過去ログ



年収300万で幸せ生活@自転車アトレーワゴン遅いニュース嫁まずブログ
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved