ヴィッツの通販情報を集めました。NCP13乗りのために古いモデルに取り付けるパーツも集めました
Vitz fan

ヴィッツのDIYでつけるパーツを集めました

vitzドアミラーウインカー

「vitzドアミラーウインカー」についてのページです。BMWやベンツなどが発祥のドアミラーにつけるウインカーです。これがついているだけで車が新しく見えるので不思議です。付いていなければ、ドアミラーウインカーカバーが売っているので是非付けたいところです。

ドアミラーのワンポイントで車が新しく見える

最近流行のLEDをドラミラーにつけてウインカーとして旧型や、後期ヴィッツにつけると、新しい車のように見えます。 古い車に乗っていると、どうももうちょっと新しく見えないかなとあれこれやってみたくなります。
ミラーが普通のであれば、ウインカーをつけるだけで一気に車が新しく見えますのでお勧めです。 旧車(SCP10,NCP10,NCP13)にも取り付けられる汎用ドアミラーカバーであれば、すごく一体感のあるデザインで取り付けられますが、旧車や人気の無い車では、両面テープで貼り付けるだけのドアミラーウインカーもあります。


vitzドアミラーウインカーの他の商品をみる

vitzスーパーチャージャー

ターボというのは、エンジンの排気の空気圧を使ってエンジンの吸気を増やしてエンジンの総排気量を増やします。どちらも、ポンプを使ってエンジンの中に空気の圧をあげて大きな空気をいれ、エンジンのパワーを増やすというものです。
ターボはエンジンの力を使うので強いですが、スーパーチャージャーは電気モーターですのでターボほどのパワーがでるわけではありませんが、低回転でもモーターの力で空気を送り込むので、比較的低回転域でも安定したパワーアップを望むことが出来るチューンですね。
キューンという音が特徴です。ヴィッツは大衆車なのでパーツはあまり高くはありませんし手に入りやすい。 ヴィッツの各型番対応しており、NCPシリーズやKSP、SCPも大丈夫で、さらに将来的なモデルにも対応することでしょう。
だが問題はコンピューターチューン。ターボは必須だがチャージャーはどれぐらいヴィッツに影響するのか。ノーマルで可能なのかは研究が必要。


ヴィッツ リアウイング

FFのヴィッツは前輪駆動で走るリアウイングで後輪の安定性を高める。
ウイングって風の抵抗を考えるのだけれど、通常はかっこよさ、みため重視。 高速80キロ以上では、少しの燃費向上も認めると思う。
だが、風の抵抗もまんざらないわけではない。 自動車の最高時速は、時速450キロほどだという。 エンジン自体は450キロを超える力のあるものを作ることが可能だ。 なぜ450キロぐらいを超えられないのかというと風の抵抗にある。

空気抵抗と言うのは速度の二乗に比例というが、それに逆らい加速することは、エネルギーは三乗に比例して必要というほど、空気抵抗が壁になることも事実。
大抵、一般の大衆車特に、ヴィッツのようなコンパクトカーにはリアウイングの有効さというのはあまり効果は無い。ルーフウイングという言われもあり、車の後ろの窓などを汚さないためのウイングともいえる。
だが、FFのヴィッツは前輪駆動で走るため、 リアウイングで後輪の安定性を高めるのであれば高速安定性は上がると考えられる。
FFの事故は大抵後輪の振り回しが原因。車がちょっとふらついてそれを修正したら どんどん振り子のように車が暴れだしスピンしてしまうというもの。
車のお尻が安定すれば高速でもぶれなくなるであろう。


ヴィッツ リアウイングの他の商品をみる

ヴィッツ GTウイング

GTウイングとは後付されるウイング(羽)の事。
GTカーによくついている大型で鉄板で作られたF1のハネのようなウイング。大きなGTウイングをつけると、ヴィッツの印象も大きく変わります。
そもそもGT、グランドツーリングカーとは、 スポーツカーの高速性と乗用車の居住性をあわせもつ車のことで、主に4〜5座席のスポーツカーを指す車の事です。

特にこのGTカーに後付されるウイング(羽)の事。
後付されるので、エアロなどとデザインが混合しないことがかっこいい見た目とされるので 鉄板であえてボディー色とは違う色を選び、黒など大きい羽が多い。
ボディーからあえてでたところにつくGTウイングは目立つので車好きのかたにはお勧めです。 ハッチバックのヴィッツであるといえど取り付けるとかっこいいこと間違いなし。

ヴィッツフロントスポイラー

車の顔をはっきりとさせるのでヴィッツのような可愛い車にはもってこい
前のバンパーをもう少ししたまで伸ばすエアロです。スポイラーを付けると、同じ車高でも車高が下がったようなデザインになります。前面のスポイラーは、車の顔をはっきりとさせるので、ヴィッツのような可愛い車にはもってこいですね。
スポイラーと車高を下げるのをあわせて、ホイルをかっこいいのにすれば非常にがらりと印象が変わったヴィッツが出来上がりますよ。ヨーロッパの車は丸っこいのが特徴です。


ヴィッツフロントスポイラーの他の商品をみる

ヴィッツHID

今の時代、HIDヘッドライトは非常に明るく、事故防止にも役立ちますので是非付けたいところです。玉切れの心配も少ないため、交換の手間も省けメリットも非常に多いです。
NCP, SCP10
純正バルブ H4
純正フォグ HB4
NCP13, 15
純正バルブ D2R H7
純正フォグ HB4
KSP,SCP,NCP9#
純正バルブ D2R H7
純正フォグ H11


ヴィッツリアスポイラー

リアのスポイラーはなんと言っても迫力です。
私はGTカーのような見た目が好きなので、大きなマフラーに、いかついリアスポイラーをつけるのには憧れますね。別にボディー同色でなくても黒にすればかっこよくなるので購入の敷居は低いですね。
もしデザインを統一したいと思うのであれば、フロントとリアのデザインをあわせて、さらに車高を下げることがお勧めです。ヴィッツはかわいいコンパクトカーなのでかっこよくデザインするには統一感が重要ですね。


ヴィッツリアスポイラーの他の商品をみる

エンジンマウント

「エンジンマウント」についてのページです。衝撃に耐えれる硬い競技用のゴムに変更しましょう。
エンジンマウントはヴィッツでスポーツ走行するなら必要なパーツです。 エンジンマウントとは、要はボディーとエンジンをネジで止めているところに挟んであるゴムです。
普通は柔らかいゴムがついていて、 車の振動をエンジンに伝わらないようにしてあります。
ですが、特にダートラやラリーをする場合は、 石を踏んだり、段差で引っかかったり、ジャンプしたり着地したりetc. 強い衝撃が起こる場面が多数あります。

そういった場合、標準のエンジンマウントでは底付きしてしまい、ゴムの衝撃吸収機能がなくなり、ボディーとエンジンが直に当たり、衝撃がエンジンに伝わり、 高速回転しているエンジンに衝撃が加わりエンジンが壊れてしまうという事態に陥るのです。

ダートラやラリーをするなら衝撃に耐えれる硬い競技用のゴムに変更しましょう。


エンジンマウントの他の商品をみる

ヴィッツカーボンボンネット

ヴィッツのボンネットをカーボンにすると車重が4キロは軽くなる。
ヴィッツはボンネットが小さいから、カーボンにしてもあんまり重さ変わらないので意味が無いと思うが、実際のところ、純正のボンネットは約8.7kgあります。 これをカーボンにすると、-4.6kgも軽くなり、結果フロントの重さも約5kg軽くなるのです。
実際のところ、7万円〜8万円と高額なのがネックですが、競技をするならコンマ数秒のタイム短縮にありなんじゃないでしょうか。
つや消しの黒のボンネットは付けるだけでも車がレースカーっぽくなりますね。フロントの加重を抜くと走りもよりシャープになるかも。


ヴィッツカーボンボンネットの他の商品をみる

ヴィッツサスペンション

RS以外の普通のVITZなら変えておきたい。
ヴィッツはRSであれば一般走行では十分なサスペンション機能があるんだけど、他のモデルとなると、ホイルを変えたりするときに足回りは絶対変えておきたいとことです。
ホイルを変えると絶対にしておきたいことは車高を少し下げる事です。
せっかくかっこいいのをつけても、ボディーとタイヤとの間に不自然な隙間があるとあまりかっこよくないですから。ですから、サスペンションを変えて標準純正よりも、もう少し硬いサスにすれば、カッコイイと同時に車の挙動の剛性もあがり、ワインディングやスポーツ走行するときの車のはっきりした挙動が伝わり、より走りを味わえる足になります。


ヴィッツサスペンションの他の商品をみる

vitz LEDテール・ユーロテール

「vitz LEDテール・ユーロテール」についてのページです。純正交換によってリアビューやサイドビューを一新する人気のレンズ交換。LEDテールなど、デザインの好みやボディカラーに合わせてカスタマイズ!


vitz LEDテール・ユーロテールの他の商品をみる

ダミーアンテナ

トップノットアンテナのワンポイントで車が新しく見える。 これホントです。トップノットアンテナ、シャーク型、ふかひれ型、ドルフィン型などあります。
レクサスや、プリウス、ハイブリッドのCRXなどの車の天井についている垂直の羽のようなワンポイントアイテムです。 車の天井にこのアンテナをつけると、高性能なハイブリッドカーっぽく見えるのが不思議です。是非ボディー同色に塗装して付けたいところです。


ダミーアンテナの他の商品をみる

ヴィッツスポーツマフラー

ヴィッツのエンジン音は実は迫力がある。
ヴィッツのエンジン音は結構低音が響いてかっこいいです。
大衆車であり、あまりエンジンに重きを置かないコンパクトカーであるのに実はいいエンジンがついています。
RSに乗るとよくわかるのですが、標準のヴィッツだと音などは抑えられていて感じることが出来ませんよね。

ですから、ヴィッツの本来の音、本来のフィーリングをより引き出すためにはスポーツマフラーに変えるのも一つの手だと思います。RSでも自分の走るスタイルに合わせてマフラー系を変えるのはお勧めです。
アイドリング時の低い音、アクセルを踏んだときのフケのよさなど、より高度なドライブをヴィッツに求めるのなら是非変えたいところですね。あまり多くは求められないけど、ある程度は成果として返ってきて満足を与えてくれると思います。


ヴィッツスポーツマフラーの他の商品をみる

初期型ヴィッツRSのホイルタイヤサイズ185/55 R15

初期型ヴィッツ純正RSのホイルタイヤサイズが185/55のR15、4穴です。ですから、このサイズのタイヤであれば、初期型のヴィッツに取り付けられる無難なかっこよさになるホイルとタイヤサイズです。ちなみにこのサイズが純正で取り付けられるのは、NCP10〜13、SCP10の初期型のみです。
ヴィッツの本当のかわいさやかっこよさを引き立たせるにはやっぱりホイルを変えたほうがいいと思います。私がお勧め、値段の安いタイヤとホイルをご紹介しますね。


初期型ヴィッツRSのホイルタイヤサイズ185/55 R15の他の商品をみる

足回り、駆動、レース仕様

「足回り、駆動、レース仕様」についてのページです。ヴィッツはコンパクトで機敏な走りですが、レース仕様になるともっと楽しくなります。


足回り、駆動、レース仕様の他の商品をみる


iidaの携帯blog@自転車アトレーワゴン遅いニュースMMORPGネットゲーム探検日記
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved